So-net無料ブログ作成
検索選択

復活と浦島 [作ってみた]

 PICKIT3(もどき?)をアマゾンで購入し、再びPICの書き込みと制作に取り掛かることができた。
 まぁ、アマゾンで買ったので半額程度でいけたはいいが、問題は動くかどうか。どこかの模造品であるため(?)、Microchipのロゴはまったく見られなかったり、総合スコアの★が3つになっていたりすると信頼にも影響が出るが、いざ動かしてみると問題はなくスムーズに認識と書き込みができてほっと一安心。

 PickerFTでは書き込めなかったPIC24FJ64GB002もすんなり認識し、これで保留していたラジコンカーのクローンも無事完成にこぎつけそうだ。前々から作りたかったPIC32のミニパソコンも無事に書き込めることができた。

 ただ、自動でICを認識する機能は最新のMPLABでも実装されていない様子。たぶんICによって書き込み方式が若干違ったりしているのだろうか?ICを変えるたびにファームウェアをダウンロードしたりこのあたりはちょっと面倒くさい。ましてや、ICの種類をド忘れしがちな自分としては、いささか使いづらいところではある。
 それに、ICの設定を変えるたびに電源供給をいちいちOnにするのも面倒くさい。これは初期設定でなんとかできそうだが…???

 「PICKIT3 Programmer To Go」?なにそれ?それっておいしいの?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: