So-net無料ブログ作成
検索選択

「人を疑って罠にはまるより、信じて罠にはまった方がいい」 [心と体]

 この時期になってくると組合から旅行のお誘いみたいなものがやってきて、毎年楽しみにしているのだが、今年は複雑な心境を抱えている。
 というのも、今回の旅行は二次会強制という話が飛び込んできたからだ。別に下品でなければいってもいいのだが、問題なのは腹の持ち具合もあり、腹がパンクするのが怖いのだ。

 確か前に二次会で自分の服を脱がされパニくったという経歴があることから、あまり二次会には参加したくないというのが個人的な意見である。それに100%お酒が入ったり、コンパニオンがいつ脱ぐかもわからない(それはなさそうだが)。下品な飲み会というのも嫌いだし(前回にも言ったとおり)、いつからんでくるか保障できない。

 それまでならまだ許せる範囲だ。ただ、今回の旅費がなんと組合費からではなく個別に徴収され、しかも7万弱というとんでもない値段なのだ。こんな金はたいてまで高級なホテルに泊まるのかと尋ねたのだが、そうでもないらしく、なんかいやな予感がすごいするのは自分だけだろうか?

 嫌な思い出を作るならば高い金を出して行くなと言われたが、僕も未知の場所へいくわけで少し戸惑っている。それに、「人を疑って罠にはまるより、信じて罠にはまった方がいい」というならば、行くだけ行って罠と知ったらその場から逃げるが勝ちか。

 これを病院の先生にも訪ねてみたが、二次会は嫌になったら逃げなさいという答えが帰ってきた。一応二次会(一次会もあったらだけど)は下品な展開になったらその場から退却するつもりでいる。しかし、宿泊地が遠ければこれは考えざるをえないのだが。それに、一部は四次会まで付き合ってもらうよと言われた。俺の腹を爆発させるつもりか(ひょえ)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: