So-net無料ブログ作成
検索選択

もう…おしまいだ… [作ってみた]

ヒューズビットを替えるようなことを言ってたので、ヒューズビットをいじっていたら…

"The ISP connector appears to have been connected the wrong way, or the reset line may have an incorrect pull-up.See the user guide's troubleshooting section"

と出てしまい、うんともすんともいわなくなった。

どうやら、ヒューズビットをいじっている間に、ISPを壊してしまったようだ。
一説では、そのマイコンを壊してしまったのかもしれない。しかし、もう設定はできない。
どうすることもできない。

この瞬間、完全に電子工作の道は断たれてしまった。
所詮初心者がいじることに間違いがあったのだ。

完全に挫折した。どうすることもできない。

赤外線カーに対しては、素直にキット製品を買うことにした。
慣れないことはやめよう、それをまざまざと見せつけた。

http://www.mcm.co.jp/avr/AVR_Q_and_A01-Q2A004.html
ここを見ると、どうも水晶でなんとかなるということを書いてあるのだが…。

ためしに他のマイコンで試したところ、やっぱりエラーを吐いて先に進めない。
ひょっとするとAVRISP自体をダメにした可能性が高い。ヒューズビットおそろしや。

時計用の8MHZ水晶かえばなんとかなるかな?これでもダメならどうしようもない。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

仙童孝義

 どうやら、RESET端子をI/Oポートにしてしまったらしく、もはやどうしようもないとまでいわれた。
 かなりヤバイ。

>またAVRの少ピン数のデバイスでは、
>1ピンでも入出力ピンとして使用したいというユーザのために
>RESETピンをI/Oピンとして使うための設定、

>Reset Disabled (・・・・); [RSTDISBL=0]

>が用意されています。このビットをプログラムしてしまうと、
>ISPで使用しているResetピンが働かなくなるためにISPでのプログラム
>機能が働かなくなります。この場合の解決法はSTK500や
>AVR Dragonでサポートされている高電圧パラレル / シリアル・
>プログラミングを用いるか、市販のAVRをサポートしている汎用ROM
>ライターを用いる方法があります。
>クロックの設定を誤った場合もこの方法は有効です。

 AVRDragonって8千円近くするのでISPまた買いなおすか(しょぼ)
by 仙童孝義 (2011-12-09 02:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: