So-net無料ブログ作成

やればやるほど、ディスクシステムって所さんが歌ってたね [その他ゲーム]

<やればやるほど、ディスクシステム>
 我々オールドプレーヤーにとってのDSとは、“ディスクシステム”のことであり、決してあの人気携帯ゲーム機なんかのことではない。
 発売日前後に繰り返し流された、そのディスクシステムのCM。任天堂自らが使ったキャッチコピーは「カセットの時代からディスクカードの時代へ」。
 当時のROMカセットは容量の問題に直面しており、それを解決しようにも半導体の価格が高騰していたため採算が合わないという、まさに八方塞がりの状態だったのだ。
 そこで開発されたのがディスクシステムという名の周辺機器である。ディスクシステム用の磁気ディスクは“クイックディスク”規格で、外見こそフロッピーディスクに似ているが、内部的には全く異なりFDよりもずっと単純な構造をしている。本来はランダムアクセス(高速アクセス)可能なFDが理想だが、コスト面でQDが採用されたのだろう。
 このQDに任天堂独自のコピー対策を施したものが“ディスクカード”である。
 満を持して発売されたディスクシステムは当初飛ぶように売れた。特にキラータイトルの『ゼルダの伝説』はすこぶる評判が良く、ゲーム内容もさることながら、PWM音源特有の伸びやかかつ美しい音色には心底驚かされたものである。コピーの氾濫を危惧して本体の発売が行われなかった日本国外では ROMカセットで供給されたが(後に日本でも『ゼルダの伝説1』として移植)、PWM音源が搭載されていないだけで印象がまるで異なる。もはや別のゲームにさえ思えてしまうほどだ。

 <画期的だった“書き換えシステム”> 
 その後もコナミが良質の専用ソフトを積極的にリリースしたりと、ほんの一瞬だが本当にディスクシステム時代が到来するかとも思われた。が、発売から僅か2年でペースダウンしてしまう。
 半導体の量産化体制が整ったこと、そして技術の進歩により1Mbit・2Mbitの大容量ROMカセットがディスクシステム発売の年に実現。さらに翌年、バッテリーバックアップ機能を搭載したROMカセットも発売される。そしてその翌年には拡張音源までもが搭載され、ファミコンに対する優位性はことごとく打ち砕かれていったのである。また、利益率が低いためにサードパーティが次々と撤退していったことも、衰退の原因の一つだろう。
 400万台以上の売り上げは“周辺機器”としては異例の大ヒットだが、これを“ハード”として考えた場合は、やはり失敗だったと言わざるを得ない。
 しかしながら、僅か500円でゲームを供給するという“粋な”書き換えサービスは賞賛に値するし、店頭に設置されていたディスクライターも独特の存在感があって気に入っていた。デパートのおもちゃ売り場から流れてくるあのBGMを耳にすると、特に何を買うわけでもないのにワクワクしたものである。書き換え時の風船(というか怪しい兄弟)を膨らませる映像にも、子供ながらにハラハラさせられたものだ。そしてエラーが出た時の絶望感…。
 そう、本体・ディスクカードともに壊れやすかったのも任天堂らしからぬ商品だった。しかしこういった様々な失敗は、後の任天堂ハードにしっかりと活かされている。(内田@ゲイム脳)



 某所でディスクシステムの話題が飛び込んできた。ディスクカードとよばれる黄色いフロッピーディスクみたいなやつにゲームデータが書き込まれてあって、それを専用の装置とファミコンをつなげるとゲームができるというようなものであった。
 自分は持っていなかったのだが、かなり名作が多く、現在でもリメイクされるほどだ。しかし、ROMカセットの進化とともに読み込み速度や容量などの問題もあり、数年ほどで衰退してしまった。

 ただ、ディスクシステムの醍醐味は、ディスクの書き換えが行えるということだろう。当時セガでも対抗してディスクではないがICカード(?)にゲームデータを書き換えできるサービスをやっていたほどだから、このシステムはある意味画期的ともいえる。
 それだけではない。ゲームデータを任天堂に送信する装置なんかもあって、ランキングなどの結果表示もやってたことがあった。中山美穂のときめきハイスクールというのもあったっけ。
 ある意味、ゲームのオンライン化を図ってきたのだ。


 現在Wiiでもバーチャルコンソールで、古いソフトやWiiWareというゲームデータがインターネットから購入することができるが、これもディスクシステムの走りなのだろうか。

 当時はディスクライター型のディスクケースみたいなのがうってたなぁ。あれほしいんだが(ひょえ)

 それにしてもさぁ、当時はファンタジー系のゲームは男性でもチュニックのような服着てて、少年のくせにミニスカートだったりするヤツもいたなぁ。グラフィックが単調でこうなってしまったというのもあるんだろうけど。ゼルダの伝説のリンク、パルテナのピットもまたしかり。こいつが男だったなんて信じられるか?(はず)まぁそれは後の話にして…。と。

220415-01.jpg

 そういえばディスクシステムのゲームかなんかで一機しかなくてライフが0になると墓ができて霊魂が上がっていくゲームオーバーのあるゲームがあったが、これはディスクシステムとは違ってカセット版の「ワルキューレの冒険」というゲームだった。



 雰囲気がゼルダの伝説に似ていたからというのもあるんだろうけど。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

LINK

初代ゼルダのリンクのフィギュアが最近発売されました。
スカートの中はオレンジのパンツをはいていました。
白だったらよかったのにと思わずにはいられません。
http://shinnoji.main.jp/l/images/130620_4.jpg

初代パルテナのピットはスマブラDXのフィギュアで白いパンツをはいています。
http://blog-imgs-32.fc2.com/r/a/r/raralalaex/pit.jpg
by LINK (2013-07-14 23:59) 

仙童孝義

そういえばリンクもあんな格好だったんですよね。
はじめ見た時男なのか女なのか混乱しましたよ[気まずい]
by 仙童孝義 (2013-07-29 17:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0